teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:10/134 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

レス:山形と二俣本泉寺

 投稿者:管理人:林六郎光明  投稿日:2014年 2月11日(火)23時43分23秒
  通報 返信・引用
  じぇい様、初めまして。
加賀一向一揆の末期において加賀北部もかなり混乱したようで、押野一族のうち、加賀に残ったのは野々市の後藤一族だけで、あとは離散したと伝えられています。
それで山形大学の調査によって、この時期にかなりの坊主と門徒が山形に脱出したことがわかってきたそうです。
押野一族と言えば、一揆衆の中でもかなりの大物ですから、さもあらんと思います。
貴重なご一報、本当に有難うございますm(_ _)m

英田三九郎様、初めまして。
普通の日に行くと、二俣本泉寺といえども、本当に、そこら辺にあるようなお寺ですね。
ただ、あそこのお寺の真骨頂は、やはり仏事のある日です。

金沢では、今でもお通夜の席などでは、葬儀場が気を使って参集した方々に和讃などが書かれた経本を配って、坊さんと一緒に唱和できるようにしています。
もちろん、今では参集した人は私も含めてほとんど使わないし、唱和することもしないのですけれど、二俣は違います。

昔一度だけ、二俣に参加したことがありますが、参集した方々ほとんどが阿弥陀経や和讃を覚えていて、皆で唱和するんですよ。
むしろ本を持っていたり、唱和しないことの方が他の方々から奇異の目で見られます(苦笑)
本当に信仰が生きているといった感じで、非常に驚きました。

今ではそんなところも少なくなっていると思いますけれど、ああいう人々の姿を思うと、やはり現在でも真宗王国と呼ばれるのも当然か、と思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:10/134 《前のページ | 次のページ》
/134