teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


小渕首相の緊急入院は藤原一族1000周年

 投稿者:ねこ  投稿日:2013年 4月11日(木)04時41分38秒
返信・引用
  小渕首相の緊急入院は藤原一族1000周年
http://book.geocities.jp/japan_conspiracy/0202/p007.html#page170
天皇一族の記念行事のスケールは、一般人の常識を超える。
彼らにとって、自分の人生は一族の歴史の一部であり、
自分の人生がどうなろうと一向に気にしない。
だが、これは歴史上の人生のことであり、実際の生き死には
全く別の次元で取り扱われる。ここにややこしい話が生じてくる。
(仮説を含む)
( http://park.geocities.jp/jpcdebate/0103/p035.html )
 
 

情報ありがとうございます。

 投稿者:T.M.  投稿日:2009年 2月 6日(金)18時01分48秒
返信・引用
  Jさま

・・・知りませんでした。ありがとうございました。
展覧会の準備でバタバタしていまして、残念ながら参加できそうにありません。

またいい情報があれば書き込んでくださいね。
 

研究会のお知らせ

 投稿者:J  投稿日:2009年 1月27日(火)23時33分44秒
返信・引用
  すでにご存知かもしれませんが一応。。。

第12回考古学研究会東海例会
「東海地方における国分寺の造営」
日時  2009年2月7日(日) 13:00~17:00
会場  名古屋大学大学院文学研究科 237教室

詳細は考古学研究会のHPをご覧ください。
 

ありがとうございます

 投稿者:T.M.  投稿日:2008年 8月14日(木)17時44分37秒
返信・引用
  早速の書き込み、ありがとうございます。

「ひとりごと」にも書きましたが、ほんとに嬉しかったです。
大学院に進み、自らのやりたいこと、やるべきことに向かって歩んでいる姿を見て、
こちらもエネルギーをもらいました。

今度は修論ですね。お待ちしています(笑)
 

地元ですから

 投稿者:昨年の実習生W  投稿日:2008年 8月13日(水)20時36分29秒
返信・引用
   ほんの少し立ち寄っただけなのですが、ブログにて触れられてましたWです。卒論は本当は人に見せられる程のものではないので恥ずかしいです(一応、専攻の時代は近世に近いですが中世です)。
 私の専攻の中世と国府・国分寺館とは時代も、文献と考古というのも異なりますが、やはり詩経に関連する木簡出土という、地元のことが全国ニュースで伝わってくるとうれしいものです。
 では、これからの成果も期待しています。
 

お疲れ様でした。

 投稿者:T.M.  投稿日:2007年 8月17日(金)17時33分34秒
返信・引用
  一週間お疲れ様でした。あっという間に終わったような気がします。
優しさ、慎重さ、繊細さを兼ね備えているので、あとは大胆さで勝負してください!
きっと、素敵な社会人になられることと思います。

卒論もがんばってくださいね。また、研究成果の報告に訪れてください。
より良い研究成果が出せるよう、祈っています。
 

ありがとうございました!

 投稿者:実習生1  投稿日:2007年 8月16日(木)21時14分22秒
返信・引用
   こんにちは。広島に帰り着きました。終わってみると長かったような短かったような、とにかく、一週間そちらにいさせていただき、貴重な実習をさせていただきました。これからもよりよい博物館を目指してがんばってください。
 また帰省した時には寄って見させていただきたいと思います。ありがとうございました!
 

カブトムシの展示もします。

 投稿者:T.M.メール  投稿日:2007年 6月26日(火)18時19分40秒
返信・引用
  書き込みありがとうございます。

夏休み期間中には、イベント以外にも「カブトムシ博士になろう!」というミニ企画展も開催します。
イベントだけではなく、そちらもぜひご覧下さい。お待ちしております。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
 

イベントに参加したいのですが

 投稿者:元・騙された見学者です  投稿日:2007年 6月26日(火)00時19分18秒
返信・引用
  夏休み向けのイベントを拝見しました。でも、あんなことをカキコミしながら少々参加しにくい雰囲気です。後で書かなければよかったのにと後悔していますが、頭が薄いのですぐに
誰なのか分るので、誠に申し訳ありませんが今回は辞退したいと思います。ほとぼりが冷めたころに親子で参加したいと思います。イベントだけではなく、さすが但馬国府国分寺館と
いうような凄い企画展を期待しております。そのときにはカツラでもして出かけたいと思います。
 

ありがとうございます。

 投稿者:T.M.メール  投稿日:2007年 6月20日(水)11時40分28秒
返信・引用
  先日は貴重なご意見をありがとうございました。
職員一同、胸に刻んで今後の館運営に活かして生きたいと考えています。

子どもたちの件ですが、私も同感です。
未来の地球を支える子どもたちに、もっと身近な歴史を知って欲しいと願っています。
まだ十分な活動はできていませんが、今後も子どもたちに向けたメッセージを流してい
くつもりです。(そのためには、もっと地元の方々に気軽に利用していただける施設に
していかなくては、と感じていますが。)

なお、夏休みには、子ども向けの体験イベントを多数ご用意しています。ぜひ、ご参加下さい。お越しをお待ちしています。
 

レンタル掲示板
/6