teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ざっと読みました!

 投稿者:チョコねぇ  投稿日:2005年10月19日(水)21時47分56秒
  すごいですね!感動です!
これからじっくり読み込もうと思います。
次のアップも頑張ってくださいね!
でも、お身体には気をつけてください!
 
 

丹さん

 投稿者:管理人  投稿日:2005年10月18日(火)00時25分33秒
  こちらこそありがとうございました。
参考文献にも載せましたが、宝木範義著『パリ物語』講談社学術文庫もなかなかオススメです。
もし学校にあったら是非パラパラと拾い読みしてみてください。鹿島茂氏の著作より写真が多い(多いというほどではないけど、相対的に、ということ)のが良かったです。

色々な本を揃えている、なかなか良い大学図書館ですね。
 

ありがとうございます。

 投稿者:  投稿日:2005年10月13日(木)20時48分51秒
  中公文庫ですね。学校で探して見ます。同じ作者の『馬車が買いたい!』は学校にあったのでこちらも辻馬車や箱馬車の参考として読んでみようと思います。今のところ聞きかじった知識しか持っていないので…。

音楽の方は趣味のようなものです。でもオペラ座の怪人を知らなかったらやっていないと思うので、今この作品からいろいろなことを知るきっかけになったことをとても嬉しく思っています。

次のアップも楽しみにしています。

http://nocturn.dieu.jp/

 

丹さん

 投稿者:管理人  投稿日:2005年10月13日(木)19時36分34秒
  書込みありがとうございます。
いずれ、他のテーマの時に参考文献として挙げるつもりでしたが、『パリ風俗』の作者が書いている『パリ五段活用』『パリ・世紀末パノラマ館』(どちらも中公文庫で出ています。単行本は多分違う出版社)も面白いですよ。
パリについて知るだけなら、このサイトの意味はないと思うので、できる限り、『オペラ座の怪人』との関連を紹介し、自分なりの考察を書いていきたいと考えています。
今日は珍しく早く帰れたので、これから頑張ろうかなと。

丹さんのSSはE子さんも書いていらっしゃいましたが、音楽に関する部分がとても詳しいですね。
私も楽しませてもらっています。
 

待ちきれなくて…。

 投稿者:  投稿日:2005年10月13日(木)15時14分25秒
  森江様の考察が待ちきれずに『パリ風俗』をついに借りてきました。
読んでいるうちに、「この文章からあの場面が!?」というのが浮かんだりして大変面白い本でした。お恥ずかしい話ですが、学生にもかかわらずしばらく『勉強する』と言うことを忘れていたことに気づかされましたし、自分の下調べの甘さも良くわかりました。何か薄っぺらい文だった理由はこれですね。
うちの学校は妙にマニアックな本が置いてあったりするので、もう少し音楽的なほうを掘り下げてみようと思います。当時の音楽界のことを少しでも絡めることができたらいいなぁと。

これからアップされる考察も楽しみにしています。

http://nocturn.dieu.jp/

 

カラットさん

 投稿者:管理人  投稿日:2005年10月11日(火)23時00分1秒
  書込みありがとうございます。
私もヴィクトリア朝にはとても興味があります。スーザン・ケイ版ではクリスティーヌとラウルがイギリスで生活していますね。どんな風に生活していたのかも興味深いです。いつか機会があったら調べてみたいです。
 

nさん

 投稿者:管理人  投稿日:2005年10月11日(火)22時56分52秒
  書込みありがとうございます。
あの時代だと、どちらかといえばイギリスの方により興味があって、フランスにはそれほど強い興味はなかったのですが、この映画のおかげですっかりハマってしまいました。
 

キバゴンさん

 投稿者:管理人  投稿日:2005年10月11日(火)22時52分34秒
  書込みありがとうございます。
「次作」という言葉に思わず反応してしまいました。次作、激しく読みたい……。
このサイトの内容がお役に立つようなら、とても嬉しいです。
 

物語の世界が深まります

 投稿者:カラット  投稿日:2005年10月11日(火)21時56分32秒
  立ち上げおめでとうございます。
ゆっくりゆっくり大切に読みたくなるような、すてきなサイトで
また楽しみが増えました。ありがとうございます。

私は、オペラ座の怪人を観たことがきっかけで、大学で
ヴィクトリア朝時代の女性のファッションについての授業をとりました。
と言っても、全然詳しくなったわけではないのですが・・・。
授業は、その時代の女性の下着についてだったんですが、
けっこう面白かったです。私たちが身につけている今の形の下着って、
まだまだ歴史浅いのね~、なんて・・・きっとオペラ座を観なかったら
その授業をとることはなかっただろうなって、きっかけはどこにあるか分らないものですね。。。

管理人さまの作品を読んでいると、衣装はもちろんのこと、
公園であったり、装飾品であったり、その時代の背景が浮かび上がってきます。
これからも楽しみにしています。
 

楽しいです

 投稿者:n  投稿日:2005年10月10日(月)23時01分39秒
  新しいサイト、おめでとうございます。
なんて素敵な主旨なのでしょう。
私は何も書くわけではないので、「参考」にはしないのですが、
あの頃の地域・文化に興味があるので、とても嬉しいです。
引用文も、色々な作品からきていて、おおっ!と思うと同時に、
事実と物語が繋がっていくのが、楽しくてたまりません。
これからも楽しみにしています。
 

レンタル掲示板
/2