teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


下阪の日に

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 6月 3日(金)17時25分49秒
  武州快晴、ただし、昊天の暑威が隠れている。摂州も快晴。やはり溽熱。

三番町に務めていたものが、いつしか一ツ橋に蜷局を巻くようになって、千代田城との因縁を感じることもないではなかったが、こうして下阪して天満橋に来てみると、そこにはやはり徳川氏の築いた大阪城である。番方にでもなった気分である。とはいえ、東海道を歩いて下るのとは訳が違い、いまでは新幹線であっという間だ。

新大阪から御堂筋線に乗り換えるのも、その経路も懐かしく、淀屋橋駅に蛍光灯シャンデリヤが耀いているも懐かしく、大人になって親しんだ京阪線の緑の車輛が待っていてくれたのも懐かしく、行き先が出町柳になっているのには驚いた。
 
 

裏側に潜む

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 6月 2日(木)12時42分34秒
  明るく、乾いた武州の快晴に光風が微かに動く。久し振りに富嶽を見る。稜線に雲が涌いている。ソウダフロウトのように青と白が解け混じっている。用水の滸、古い住宅地の深い深い心臓部には、愈々紫陽花が賑やかだ。西域を思う陽気、古を偲ぶ陽気、喪ったものが実は手許にあることを悟る陽気に、これより登営。会合に侍立である。  

関係者の無事を祈る

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 5月31日(火)10時54分7秒
  「人はなぜ目を醒まさないのか」「民衆の覚醒を信じて戦いましょう」といった言葉が飛び交って運動は先鋭化し、崩壊する。民主主義を理解していないことが如実に滲むもの言いである。関係者の無事を祈る。  

あわい

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 5月24日(火)23時17分9秒
  緊弛硬軟あって緩急がある。かくて物事はめぐり、立ちゆく。その理が汚穢を生むのも事実なら、その理が踏みにじられて汚穢を生むのも事実である。ここにも匙加減が潜んでいる。

夕霞堂左手窓外からは、闇の涼風。昼間の溽暑が嘘のようである。
 

矛盾するようだが

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 5月17日(火)17時59分18秒
  運動は成就しない。成就するのは運動の終わって久しい、次の世代である。それも、僅かに。見越して運動するものは、運動と呼ぶべき運動はせずに、別の動きを見せるものである。  

民主主義

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 5月15日(日)11時36分0秒
  自分の言っていることは正しい、だから聴け、と言っても聞いてもらえないのが世の中であり、聞かないのが人間だ。それでも聴けとがなりたてると、ますます聞いて貰えなくなるのがデモ。それで不満を溜め込んで先鋭化して分解したり、潰し合うのが内ゲバ。激情家と快感が交錯する場が作り出され、それで己の崩壊を早めるのが運動。

内容の正否と並んで、内容の導き方と提示の仕方が大切にされるのが民主主義空間であり、民主主義を可能とし、民主主義が回るための原理である。それを踏まえて行うのが正しい教育。正しい説を教えるのが教育だと思っている者は、あらゆる意味で正しい説を伝えることが出来ない。これが教育の貧困と社会の低迷を招く。

持説を開陳し続ける胆力と、それ(だけ)では実現出来ないことを弁えている知性、その両端を兼ね備えて、自らと他人とを律し、動かして行く嗅覚を持つのが政治家。その際に次代、その次に帳尻が合うように持って行くのが大政治家であり、その出現を可能にするのは、長い目でものを見る力を培った国民であり、民度である。

そうした諸々を全部台無しにするのも民主主義。癌細胞を連想すると判りやすいか。

だから人文学はやめられない。
 

要約

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 5月13日(金)11時22分27秒
  「できるもの」と「つくるもの」とは違うというだけのことであるが。  

とまどう

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 5月13日(金)10時22分53秒
  associationを自由意志に基づく人的結合と見なし、その構築を以て従来の社会構造を揺るがすことが出来るという考え方がある。実際にそのように分析し得る事象もあるだろう。しかし、構造を揺るがすためにこの人的結合を作り出し、営むという発想は間違っている。言うまでもなく、分析概念の何たるかを等閑に付した「変換」は論理学的に間違いであり、然様小難しいことを持ち出すまでもなく、associationを作り、営もうとする限り、associationは破綻するものだからである。もっとも、その破綻が従来の社会構造に変更が齎す可能性については否定できない。それが往々にして人間関係の破綻に帰結するに過ぎないとしても、慥に淪猗は立つ。  

ときめく

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 5月 3日(火)13時43分26秒
  ぷち。さん、よう御越し。お久し振りのお渡りで少し御名前も変わりましたか。大作のご投稿を有難うございます。一月ほど掲示板の更新を止めて、筆頭記事としておりました。

ワクワクしますね。

不佞、坂道が好き。尾根筋、谷筋、その往来が溜まらない(ハケの傍に住地を卜し、なだらかな丘を登っりきった台地の上に住まいしているのも、その関係なのかも……)。古い町並みが好き。うらぶれた風情が好き。そして何のかのといって、本郷界隈や白山一帯は思い出の詰まった土地柄でもあり。

そして地図が好きと来ているでしょう。もちろんグーグルの地図も見ました。御紹介の国土地理院着彩図、それに古地図も(古地図自体まではなかなか手が回りませんけれども、いつの間にか古くなってしまった国土地理院地形図などを溜め込んで、時々忘れた頃に引っ張り出して眺めるのは愉楽の一語に尽きます)。

御紹介の一帯に足を踏み入れたことはないような気がするのですが、平成二十七年三月十二日木曜快晴、新大塚駅付近の印刷所に原稿を持参した折、大通りに面したマルエツ本店あたりの裏手に路地を辿り、先がどうなっているか見に行ったら、みごとな段丘面になっており、狭い階段が下へと伸びて、下りれば車なぞ通り抜けようもない路地に、木造二階建てのアパートが犇めいている。驚きました。よろこびました。急いで駒場に移動せねばならなかったので、探索も出来ずじまいでしたところを、この度の御投稿で。

今は亡き紀州橋本の櫺子窓が連なる川原町、綺麗に石で甃んだ太神社と一里塚の瀟洒な佇まいを瞼に思い描きながら拝見したのも、深い悦びに浸った一因かと思います。

折を見て御紹介下さった一帯を再訪し、自分の脚で歩いてみようと思います。
 

白山三業地(Pt.3)

 投稿者:ぷち。  投稿日:2016年 4月 6日(水)02時56分11秒
  旧料亭「濱乃家」の建物はだんだん朽ちてきていますし、
旧待合茶屋「田川」は「花みち」という名で貸スペースになっていますが、
使われているのを見たことがありません。
旧料亭「竹の家」は個人宅になっているのでいまのところ外観の手入れは行き届いていますが、
湿気とかで維持は大変そうです。
まあ時とともになくなっていくのでしょうね。


あれ?ところでこのHPには写真投稿できないのかな?
 

白山三業地(Pt.2)

 投稿者:ぷち。  投稿日:2016年 4月 6日(水)02時50分8秒
  で、ようやく本題です。
元に戻って本郷台地から白山の谷へ落ち込むその福山坂を下りると、
白山通りの手前にある商店街(?)に下ります。
先ほどの国土地理院の地図の東端、縦書ゴシックの「文京区」の文字の東側、
白山通りに平行して縦書で「白山一丁目」という文字がありますが、その左側に黒い丸があります。
その黒丸のあるところに白山通りと平行して南北に細い道が走っているのがおわかりでしょうか。
実はここ、両側に実に見事なほど寂れた(元?)商店街があるのです。

ランニングの時に、ここにすごい違和感を感じました。
だって白山通りを挟んだ反対側には小石川の大きな商店街があるんですよ。
どうしてそのすぐそばにまた商店街らしきものがあるのかと。
そしてこの小道、意外に広くて立派なんです。
車は余裕で行き違いできますし、舗装も立派。
でもいま残っているお店は酒屋さんが2軒と銭湯1軒
(この銭湯だけは毎晩なかなか繁盛しています)と書道教室くらい。

どう見てもぁゃιぃ。

そこで同僚の日本史の専門家に聞いてみました。
すると即答で「ああ、あそこさんぎょうちだったから」。ん?

「さんぎょうち」と聞いて、私のno細胞は「産業地」と漢字変換したわけですが、
そうではなく「三業地」。
「三業」とは料亭と待合茶屋と置屋のことなので、「三業地」とは花街のことだったのですね。
実は私の父方の親戚は日本橋芳町で三味線を教えていて、小さい頃は芸者さんがお稽古に来てました。
小さい頃であんまりよく憶えていないし、
私はあんまりそこの家が好きではなかった(下町も大嫌い)から
寄りつくことも少なかったんですけどね。

この白山一丁目の一角は、国土地理院の地図を御覧になってもおわかりのように、
本郷台地が白山通りの谷に落ち込むところで、垂直な崖で上に直接のぼることはできません。
ここは西の広い白山通りと東の崖とに挟まれて、周囲の土地から隔てられているわけです。

昔の地図を見ると(http://dl.lib.city.bunkyo.tokyo.jp/det.html?data_id=85)、
この謎の道こそが本郷台地の本郷区と崖下の小石川区の境界です(本郷区+小石川区≒文京区)。
この一角の旧町名は指ヶ谷(さしがや)町。小石川区が白山通り東側に出っ張ったところにあたります。
現在も文京区立指ヶ谷(さすがや)小学校にその名を留めますが、
指ヶ谷小学校があるのは白山通りの西側、旧町名では小石川町になります。
この旧指ヶ谷町は1912(明治45)年に三業地として指定され、戦後まで栄えました。
その名残がこの一角に残っているわけです。
 

白山三業地(Pt.1)

 投稿者:ぷち。  投稿日:2016年 4月 6日(水)02時45分23秒
  昨年秋から拙宅@本郷~茗荷谷駅を毎晩往復するようにしています。
ルートはほぼ東から西へ、本郷通り、白山通り、千川通り、春日通りの4本の通りを横切る形になります。
距離は片道2.4km、所要時間は歩くとちょうど1時間、軽く走ると45分くらいです。

このコース、地図上で見るとわかりにくいのですが、実に起伏に富んだコースです。
国土地理院のHPにこの文京区のデコボコについて詳述しているページがあります。http://www.gsi.go.jp/common/000061697.pdf
別図に判例がありますが、黄色が海抜20mくらい、緑色が海抜10mくらいです。
国土地理院の図の右端にある縦書ゴシックの「文京区」の文字があるところが「本郷台地」、
その「区」の字の右下の「東京メトロ南北線」の字に沿っている道路が言問通りです。
図の右下にあるの東京ドームからほぼ真北に走っている白山通りと
西北方に向かう千川通りは谷筋だというのがよくわかります。
それに対して東京ドームのすぐ北からいきなり台地の尾根筋を上がる春日通りは、
確かに中央大学のところで急に標高が上がっていきますよね。
千川通りの東側の台地を本郷台地、千川通りの西側の台地を豊島台地と学術的には呼ぶのだそうです。
神田川河谷から春日通り西側に平行して
「東京メトロ丸ノ内線」とあるところが谷になっていますが、これがいわゆる茗荷谷です。
茗荷谷駅のところでは丸ノ内線は地上に出て両側が崖になっていますが、
あの谷がまさに茗荷谷なわけですね。

私のランニングコースの話に戻りましょう。
本郷台地の一番高いところは図の東端の本郷通りのところで、海抜20mくらいです。
そこから春日通りに出ると10mほど、つまり建物3階分くらい下がります。
言問通りは徐々に下りていくのでそれほど斜度はありませんが、
私のランニングコースは言問通りを下りるのではなく、ショートカットして新坂(福山坂)という坂を下ります。
これは白山通りギリギリのところまで本郷台地が続いているところから一気に白山通りに落ち込みますので、
あの近辺では別の新坂(フォーレストの先から言問通りに一気に落ちる坂)と並ぶ急坂です。
私はこの坂は上りも下りも歩きます。走れません。
白山通りから千川通りまではさらに微妙に下がり、
そこからは播磨坂という桜で有名な坂を上がって春日通りに出るのですが、
登り切ったところの海抜は22mくらいだそうです。本郷台地よりも高いのですね。
 

為人を表す

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 4月 4日(月)00時58分8秒
  廉価な輸入車に乗っている人々に通有の傾向。車を当てないようには注意するけれども、人を轢かないように注意しているかと言えば、かなりお寒い。交通法規を少し知っているが、その意義を知らないという点では、困ったドライバと同類である。  

この国の、この時代の、いや業界の宿痾というか

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 3月20日(日)14時01分14秒
  時節柄よく見聞きする「主役は卒業生」。「主役」がよくない。譬喩が一人歩きをして、譬喩ではなくなっている。芝居の「主役」に転んでいる。卒業生は主たる当事者である。国家の定めた称号を受けたり、資格を認定される儀式は、思い出作りのためのものではない。思い出に残るものだからといって、それが目的だというならば、その資格、その称号を返上した方がいい。  

間歇的に顔を出すだけでも

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 3月20日(日)03時40分16秒
  小人数の会読は、途中で遠方の一名が高速バスの時間の都合で早退し、二十時半まで実に六時間半に及んだ。例会の中では屈指の長さとなった。註釈書の混乱で要らざる手間もかかりはしたが、やはり気心の知れた仲間との精読と考覈は何物にも代え難い悦びである。  

幽霊会員

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 3月19日(土)11時02分32秒
  夜来の雨を冒して今日も登営する。僅かに都合の付く仲間と、珍しく都合の付いた不佞とで、読弁論会を小さく開くのだ。  

一別二十五年

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 3月19日(土)11時01分14秒
  旧友と再会した昨夜。退勤途上の歩程に不佞の候所がかかっているというから、候所大廈の前で手筈通り連絡を貰い、退営して馴染みの麦酒屋まで歩くこと一分。二十五年会おうと言いながら会えずにいたのに、一度ことが動くと、実に呆気ない。四半世紀の重みと歩みに隔てられ、またその御蔭でこうして身近に奉職してもいる不思議。来し方を見据えて行く末を思う年頃に、青春の日の光が再び射したことも相俟って、互いに意を強くした宵となった。  

倫敦! ──倫敦?

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 3月18日(金)12時44分9秒
  いつぞや人と話している時に「ロンドンでさえまだまだ○○」というもの言いを聞いて驚いた。東京の如き牢固たる旧習の巣窟ならばともかく、と言う含みである。ロンドンを多少とも知る、非英国贔屓の身で言うべき事は言ったけれども、どうしてこのような価値観があり得るのであろう。ビートルズ以降の動静の故にであろうか。だとしたら、ビートルズ(を取り巻く諸々)が奏でる帝国主義の変奏曲に耳を澄ませてみたらどうだろう。  

春雨か

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 3月 7日(月)08時56分50秒
  非常呼集で登営の月曜は雨。生暖かいのはやはり春。  

移動の日々

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 2月26日(金)08時19分56秒
  昨二十五日木曜雪後微陰上駒。第二キャンパスで用を足し、第一キャンパスに移動したら、入試。予定を変えて登営、候所で査読の続き。再び駒場に戻り帰館。終日寒く、昧爽布団に入って震える為体。

二十六日金曜青天快晴。登営銓衡。その前に候所で少し仕度を。
 

玉那覇黒

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 2月22日(月)10時13分55秒
  マルタマのタンナファクルーなるものを食すに、卵ボーロのような舌触りと、予想を裏切る黒糖の香に喜ぶ。那覇のリュウボウ勘定台まえの平台に置かれていたものだという。「庶民の健康食」という口上書きに嘘いつわりはなさそうだ。  

木曜は暖かく

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 2月18日(木)17時22分23秒
  木曜快晴、青天の大気は揺らぎ、霞み、かなたの鉄塔、電線、また山巒が消しゴムでもかけたかのように擦れて。昼に家を出て登営。校閲作業に勤しむ。そろそろ翻訳に切り替える。かつては同じ研究室で学んだ知人が、いまは同僚として、俄に候所へ訪ねてきて、小さな業務を置いていく。それも和やかで楽しい雰囲気なのが、何よりも嬉しい。  

十七日水曜快後晴微陰些寒

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 2月18日(木)17時17分52秒
  実は長年待っていた快報にようやく接した昨日(一昨日深更)。俄に留守宅となって孤影悄然たる筈が、青天の快晴も相まって足取りも軽く登営、大廈雲上に陟る。全体に閑散とする館内で、届いたまま放置してあった梱包を開け、教育研究資料を側台代わりの右机の上いっぱいに積み上げる。それから正面机に向き直り、夜更けまで翻訳に従事する。帰館は零時に近かった。作業はさほど捗らなかったが、それでも前には進み、充実した気持ちで午前六時の床に就いた。  

投票忌避

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 2月11日(木)02時49分7秒
  意に染まない政界、政治に白けて、したり顔で背を向けて「どうせどこがやっても変わらないし、だったら投票しても意味がない」と嘯く未熟者は、鏡の前に立つがいい。その容姿だからと言って、生きるのを止めるのか。みなそれでも生きていくのではないか。それと同じことである。  

公器の慎み

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 2月10日(水)11時40分28秒
  快晴登営。会議。

正しいから報道するのではなく、報道するから正しいのでもない。操觚界はこのあたりを誤解している。報道すべきだと思うから報道しているだけであり、その成否、正誤の判断は他に待つべきものである。報道は「社会の木鐸」(どんな意味で使っているのかは知らないが)ではない。自惚れてはならない。そこにすべての蹉跌が胚胎していることに、そろそろ気がついてしかるべきである。
 

夜鍋

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 2月 3日(水)03時37分52秒
  候所まで来て願い出た学生のラテン語作文をようやく添削して返す。月曜式日最後の授業(四限希語)直前に頼まれて、時間がなかったから、帳面をデジタルカメラで撮影して持ち帰り。話せば直ぐながら、字にすると手間取るのは、いつものことである。もっとも、最近は作文の添削をメイルで提出させることもなくなった。だから余計に手間取るのだろうか。  

長短様々なノウドで車輪の再発明を防ぐ

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 2月 1日(月)02時42分0秒
  古代に親しむと、長いスパンでものを見られるようになる。もう少し精確に言うと、長いノウドで物事を束ねる、そうしたノウドが沢山身体に染み込む、だからふとしたところから、その後の展開が割と直ぐに予測できる、となろうか。将棋に通じればその分、何十手も先まで手を読むではないか。それとよく似ている。

ただし、いいことばかりではない。他分野、別の時代の専門家と話をしていると、どうもこう、「自分は車輪を発明したぞ」というようなことを言われて戸惑うことが多い。いやあ自分は今日、ここまで自動車で来たんだけど、と言わずもがなのことは言わないが、これが案外苦痛の種である。
 

徐々に学期も跳ねてゆく

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 1月28日(木)00時50分42秒
  いや、égalitéが入ることで、とした方がスッキリするか。何やかやと慌ただしく過ごす上天快晴の水曜に気がついた。

水曜の式日登営はこれで終わり。試験も終えた。残る式日は月曜。登営事務、臨時日程登営はもちろん続くが。
 

博愛とは言うけれど

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 1月27日(水)08時54分6秒
  fraternitéが入ることで、他の二つと語義矛盾を起こしかねないような気がするのは、語源をなす文化圏に引きずられすぎているのか、それとも近代の衝撃的な発明のなせるわざなのか。

上天快晴、放射冷却、峭寒。登営、レクチャラ、会議、会議。
 

でも駄目だから

 投稿者:元夏迪  投稿日:2016年 1月27日(水)00時12分10秒
  「で町起こし」は失敗するというのが持論である(何度かここで披露したのではなかろうか)。真田も炎弁当に消えた『炎立つ』同様の事態に逢着するだろうし、オリンピックで地方創生なる国策もまたしくじるだろう。

もう少し切り詰めて言えば、「で町起こし」どころか、「町起こし」ですら駄目なのだ。
 

レンタル掲示板
/81